証明写真2枚、印鑑、身分証明書、預金通帳

証明写真は、ハローワークで使用する「雇用保険受給資格者証」という
証明書に貼りつけるために必要です。

これはまぁ、その後にハローワークに行く度に使う「会員証」みたいなものです。

証明写真については、なぜ2枚なのかは分かりません。
ただインスタントの証明写真は、枚数はどのみち2枚以上になりますので
不都合は特にないと思います。

サイズは3cm×2.5cmの履歴書に貼るサイズで大丈夫。
本人確認が目的なので白黒、カラーどちらでも大丈夫。
とにかく2枚、証明写真を持って行って下さい。

あと失業保険の給付は振り込みになりますので、預金通帳を忘れないでください。

身分証明書、これは写真つきのものでないといけません。
生年月日や住所も確認できるものです。

私が失業した時は、ハローワークの職員の方が通帳のコピーをとっていたので、
現物を持って行くといいでしょう。

印鑑は、何かにつけ書類に印鑑を押す機会がありますので、ハローワーク
に限らず失業中は、認め印を鞄に入れておくといいと思います。

シャチハタはダメ、と言われることが多いようです。
シャチハタの印鑑に使用されているインクは時間が経つと薄れるから、
というのが理由だそうです。

このページの先頭へ