リストラになりやすい人って?

リストラの対象になりやすい人は、仕事が出来ない人というのは第一条件ですね。

仕事が出来ない人を雇うよりは、少しくらい人件費がかかっても仕事が出来る人を選びます。

このほかにも諸手当が高い人は要注意。

長距離通勤をしていて交通費が出ている人の場合は、その交通費を削減できたら、会社としても経費を年間にすると、結構削減できると思いませんか?

ただ、自分は仕事が出来ると思っていても、上司からはそうは思われていない場合もあるので、自信過剰にはなっていけません。

自分は大丈夫と思っているほど、リストラの対象になるというケースもあります。

100%リストラの対象にならない人なんて、人事の決定権を持つ社長しかいません。

他の人のリストラをかわいそうに思っていたら、今度は自分の番だったという話も聞きます。

夫が心配をさせないように仕事の順調さを離してくれている時でも、実際には経営状態が悪いという事は、薄々感じていたという事もあります。

夫の会社ではリストラなんて聞いたことが無いので、無縁の話だと思っていると、実際には夫がリストラの対象になってしまったという事もあります。

自分の夫がリストラの対象になるなんて、少しも想像もできませんが。

このページの先頭へ