家族のきずなが深まった

苦労をすると家族同士のきずなが深まるという話を聞いたことがあるのですが、今回主人がリストラになってしまった事で、我が家でも家族のきずなが深まった様な気がします。

お互いを思いやって生活していたつもりでも、どうしても自分中心に考えてしまう所があったのですが、今までになく落ち込んだ夫を見て、しっかりと支えていかなければと思いました。

仕事がなくなってしまった事によって、生活は一変してしまいましたが、苦労をすることが増えたからこそ、どうする事が家族にとってベストな事なのかを考えるようになりました。

毎月、給料日になると給料が振り込まれる。

給料日にお金が振り込まれるという事が、どこか当たり前になってしまっていた部分もありました。

しかし、それが当たり前ではなくなったことがきっかけで、家族について考えらせられた感じがします。

大変な時だからこそ、家族全員で力を合わせて乗り切っていかなくてはいけない。

現在、夫も仕事が決まって頑張って働いてくれていて、どん底から抜け出すことが出来ましたが、どん底だった時の気持ちを忘れずに、生活するようにしています。

ピンチは自分一人で乗り切る事は出来ません。

リストラに合って改めて家族の大切さを実感する事も出来て、良い経験をすることが出来たと思っています。

このページの先頭へ