つもり貯金で節約も楽しくなる

例えば、出かけた先で何かを食べたくなった時に、買わずに食べたつもりでその金額を貯金箱に入れる。

「○○したつもり」で貯金箱に入れると、結構小銭がたまって開けてみると結構な金額が、たまっていたという事もあります。

私の場合はどれ位たまったのか気になるために、中身の見える貯金箱を使う様にしています。

中身が見えるので気になって開けてしまうことなく、貯金箱が満杯になるまで開ける事無く我慢が出来ます。

つもり貯金でたまったお金で、プチ家族旅行に行く目標を立てておくと、家族全員がつもり貯金に協力をしてくれます。

つもり貯金であれば小さな子供でも、面白がって協力をしてくれます。

つもり貯金のメリットは、楽しみながら節約をすることが出来るという事です。

楽しみながら節約をしなければ、続ける事って出来ないですよね。

外食に行ったつもりで5000円を貯金すると、比較的お金もたまりやすくなります。

我が家の場合は比較的外食が多かったので、外食費用をつもり貯金する事によって、かなり節約をする事が出来ています。

ただ、たまには家族でリフレッシュとして、食事に出かける事もありますが、それはそれで良しとしてみませんか?

つもり貯金は主人の仕事が決まった後も、続けています。

このページの先頭へ