労働者の利益 退職強要されても辞表を書くな!

本当は会社側の都合で退職してもらいたいのに、辞表を提出するように迫る
会社もあります。

強要まではしなくとも、

「この会社に残っても君の居場所はないよ。」

そういう風に労働者を追い詰める会社もあります。

いじめや強迫による退職の強要は景気が悪化すると、社会問題になることも
あります。

そもそも、何で会社は退職を迫るのでしょう?

私自身、法律や労務の専門家ではありませんが、以下のようなある程度の
推測はできます。

「会社都合退職にするのは、何らかの部分で会社にとって都合が悪い。
 だから自己都合退職にしたい。」

ド素人の言い方ですが、内容は合っているでしょう。

企業は良くも悪くも企業の存続だけが目的です。

私の個人的な印象では、金勘定だけで成り立っている。
そういう部分が大きいと思っています。

でも、おかしいと思いませんか?

労働者である皆さんは、辞めたいなんて思っていない。
それなのに、辞表に書く言葉は「退社させていただきたく・・・」。

まぁ、大人の事情というものがあるでしょう。
あえてここではそれを排除して考えます。

「辞めたいとは思っていない人をいじめて、会社を自分から辞めさせるように
 仕向ける。」

このいじめの中身については、当サイトの中でも具体的に触れて行きます。

今言えることは一つです。

あなたが辞めたいと思ってもいないのに、辞表を出せと強要されても出さない
ことです。

このページの先頭へ